ニューシャトルはひとまずここまで

内宿

うちじゅく
Uchijuku
内宿駅
▲内宿駅外観《1995年4月13日撮影》
内宿駅ホーム
【写真1】内宿駅ホーム。《2008年6月1日撮影》

終着駅ですが、島式ホーム1面2線という構成で、入ってきた列車がそのまま折り返します。ニューシャトルは大宮駅では折り返さずにぐるりと回るので、この内宿を出たニューシャトルは前後が入れ替わった状態で戻ってくることになります。乗り場は上越新幹線高架の西側にあります。

大宮方にある階段およびエレベータで、地平にある改札口に通じています。

駅前にはバスが転回できるだけのスペースが設けられており、コミュニティバスの乗り場があります。駅周辺では宅地が造成されていますが、更地になっているままの土地も多く、まだまだ開発途上のようです。また、商店はほとんど見あたらず、ひっそりとしています。伊奈町制施行記念公園の最寄り駅で、同公園内のバラ園が見ごろを迎える初夏には、多くの観光客が訪れます。

この先、鴻巣市にある運転免許試験場まで路線を延伸する計画がありますが、着工のめどは立っていません。

乗り場

駅名の由来

確認中。なお、建設中の仮称は「小針」でした。

歴史

周辺の見どころ

伊奈町制施行記念公園

駅から東へ、徒歩7分。野球場、多目的広場、アスレチックパークなどを備えた公園ですが、最大の見どころはバラ園。さまざまな種類のバラが、色とりどりの花を咲かせます。バラ園シーズン中200円。

【URL】伊奈町公式Webページ

【伊奈線】 大宮鉄道博物館(大成)加茂宮東宮原今羽吉野原原市沼南丸山志久伊奈中央羽貫内宿

2012年2月8日、写真を追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲