JR線と並行しつつ

平沼橋

ひらぬまばし Hiranumabashi
平沼橋駅
▲平沼橋駅駅舎《2003年5月18日撮影》

並行区間に島式ホーム

平沼橋駅ホーム
【写真1】平沼橋駅ホーム。《2013年5月2日撮影》

地平に島式ホーム1面2線が設けられており、海老名方に設けられた橋上駅舎が跨線橋と直結しています。

ホームの横浜方からは、横浜駅を望むことができる。また、この付近ではJR東海道本線と並行しているため、電車を待っていると、しばしば目の前をJRの列車が通り過ぎていくのを目にすることができます。

周辺には住宅がびっしり

平沼橋駅改札口
【写真2】平沼橋駅改札口。《2013年5月2日撮影》

駅の周囲には、高層マンションが多く立地しています。

停車列車 [2017年4月現在]

各停のみが停車します。

乗り場

南側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.本線下り 二俣川、海老名方面
  • 2.本線上り 横浜方面

駅名の由来

駅の北側にある、帷子川に架かる橋の名前から取られたものです。

歴史

詳細は確認中。

1931年10月25日
神中鉄道によって平沼橋-西横浜間が開業し、この際に暫定起点として平沼橋駅開業。
1933年12月27日
横浜-平沼橋間が開業し、中間駅となります。
1943年4月1日
神中鉄道が相模鉄道に合併し、同社の駅となります。
1970年12月26日
橋上駅舎供用開始。
2017年1月16日
駅舎リニューアル完了[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 相鉄グループプレスリリース「相鉄線 平沼橋駅のリニューアルが完成」[PDF] (2017年1月12日)。

このページの先頭へ