ただいま高架化工事中

星川

ほしかわ Hoshikawa
星川駅
▲星川駅駅舎外観《2008年8月16日撮影》

地平に島式ホーム2面4線

星川駅ホーム。
【写真1】星川駅ホーム。高架化工事に備えてか、上りホームの幅が広くなっています。《2008年8月16日撮影》

地平の島式ホーム2面4線を持つ快速停車駅で、緩急接続および通過待避が行われます。現在高架化工事が行われており、仮設の橋上駅舎が使われています。かつては車両工場が置かれていましたが、現在は廃止されています。

ホームはかなり広くなっています

星川駅北口改札
【写真2】星川駅北口改札。右側に見えるのは南北を結ぶ自由通路で、自由通路の先には南口改札があります。《2008年8月16日撮影》

高架化工事のためか、上りホームの幅がかなり広くなっていますが、拡幅部分については屋根が設けられていません。ホームの海老名寄りに階段とエレベータが設置されており、仮設橋上駅舎の南北にそれぞれ1個所ずつ設けられている改札口に通じています。橋上駅舎内は柵で仕切られ、南北自由通路を兼ねています。

駅の北口では帷子川がすぐ脇を

星川駅北口
【写真3】星川駅北口。帷子川の上より。《2008年8月16日撮影》

北口は、すぐ脇を帷子川が流れており、これをわたると保土ヶ谷区役所をはじめ、行政関係の施設が数多く立地しています。

いっぽうの南口は、保土ヶ谷公園や明神台団地への入口であり、住宅地としての色彩が濃くなっています。駅のすぐ南側に「星川FSビル」があり、駅と直結しています。

旧駅舎は3階建て

高架化工事開始前の星川駅駅舎
【写真4】高架化工事開始前の星川駅駅舎。いちばん上の写真とほぼ同じ位置からの撮影です(背景のマンションで比較可能)。《2003年5月18日撮影》

高架化工事開始前の星川駅は、【写真4】のとおり3階建ての橋上駅舎でした。高架化が完成すると、この駅はどのように変貌するのでしょうか。

停車列車 [2017年4月現在]

快速が停車します。

乗り場

南側から順に、1番線、2番線…となります。

  • 1-2.本線下り 二俣川、海老名方面
  • 3-4.本線上り 横浜方面

駅名の由来

星川の地名は10世紀の『和名類聚抄』にすでに登場しているきわめて古いもので、同一の地名がこれだけ続いているケースは珍しいといえましょう。

歴史

神中鉄道が(旧)星川-北程ヶ谷を開通させた際、暫定起点として設置された駅です。

1927年5月31日
神中鉄道によって(旧)星川(現、上星川)-北保土ヶ谷間が開業し、この際に暫定起点「北程ヶ谷」として開業。
1929年2月14日
北保土ヶ谷-西横浜間が開業し、中間駅となります。
1933年4月1日
駅名を「星川」に変更。なお同日、それまでの星川駅は「上星川」と改称し、現在にいたっています。
1943年4月1日
神中鉄道が相模鉄道に合併、同社の駅となります。
1969年4月22日
橋上駅舎供用開始。
1999年2月27日
ダイヤ改正に伴い、新設された快速が停車するようになります。
2017年3月5日
下りホーム高架化[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 相鉄プレスリリース「3月5日(日)初列車から 相鉄本線(星川駅~天王町駅間)の下り線を高架化 星川駅下りホームを高架上に変更」[PDF] (2017年2月16日)。

このページの先頭へ