東小泉
ひがしこいずみ
Higashikoizumi

東小泉駅

 西小泉方面と大田方面の列車の分岐駅です。小泉線では、戦前は軍需輸送を行っていたこともあり、交通の要衝として重要な拠点とされ、現在でも大きな構内にその名残がうかがえます。

 駅は島式ホーム1面2線となっているほか、側線が数本残っています。駅本屋はホーム南東側にあり、ホームとの間は跨線橋で連絡しています。駅舎はこれといった特徴のない、鉄筋コンクリート造平屋で、駅員が配置されています。

 列車系統は館林-東小泉-西小泉と、東小泉-大田の2つに分かれており、この両列車が島式ホームのそれぞれに発着します。

東小泉駅ホーム

駅本屋側が館林-東小泉-西小泉系統、その反対側が東小泉-大田系統です。後者ではワンマン運転が行われています。《2005年9月24日撮影》

 駅前には噴水もある大きなロータリーが整備されており、新興住宅地のような雰囲気がありますが、電車の発着が1時間に1本では、とうてい郊外電車の駅とは成り得ません。東小泉駅は、大泉町市街地の最東端にあたり、駅の南側に住宅地が広がっているほか、大泉警察署が近くにあります。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 コメント準備中。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

(駅周辺には郵便局なし)

2005年10月18日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.