本中野
ほんなかの
Honnakano

本中野駅

 対向式ホーム2面2線と跨線橋から成る駅で、駅本屋は上り線側、すなわち北側に設けられています。

 駅舎は木造平屋、比較的オーソドックスなつくりですが、玄関部分の三角ファサードがローカル駅の一般的なそれに比べて妙に大きいのが目を引きます。瓦屋根が健在ですが、外壁や窓枠などは大きく改修されています。有人駅で自動券売機も設置されており、窓口には「パスネットの使える駅」という表示がありました。

 駅前広場の前には雑貨店があり、道路が正面に延びるという、地方小駅に典型的な構造が残っています。邑楽町の玄関駅であり、農村地帯ながら民家も多くみられます。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 コメント準備中。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

【中野郵便局】駅正面を進み、徒歩3分。未訪。

2005年10月18日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.