篠塚
しのづか
Shinozuka

篠塚駅

 田園地帯の中にポツンと設けられた、片面ホーム1面1線のみの無人駅です。

 ホームの館林方にひっそりと建っている木像駅舎は、非常に簡素な造りです。他の駅に比べてひとまわり小さく、戦前の民家を思わせるもので、現在にいたるまでこのような駅舎が現役で使われているのは驚きです。建造当初からほとんど手が加えられていないようで、横の羽目板に木の窓枠、鉄パイプで支えている車寄せなどが残っています。

篠塚駅駅舎妻面

駅舎を妻面から見ると、板を張り合わせて建物を造ったように見えます。《2005年9月24日撮影》

 羽目板のゆがみが目立つなど駅舎の老朽化は否めないものの、丁寧に扱われているようで、駅事務室内はきれいに清掃されていました。駅舎の東小泉方には用具入れがありますが、こちらはすでに大きく傾いています。

篠塚駅駅舎ホーム側

電車を降りると、出迎えるのがこの老駅舎。予備知識がなければ驚くのは間違いありません。《2005年9月24日撮影》

 駅は道路脇の広場に接する位置にあり、駐輪場には多くの自転車があることから、一定の利用客がいるものと思われます。駅前には、営業しているのかどうか定かでない店がありました。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 コメント準備中。

周辺の見どころ

 特になし。

(駅周辺には郵便局なし)

2005年10月18日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.