合戦場

かっせんば
Kassemba
合戦場駅
▲合戦場駅駅舎《2005年9月19日撮影》
合戦場駅駅舎を北側から
【写真1】左右で窓枠の形状が異なるのは補修の結果か。袴腰様の屋根に注目。《2005年9月19日撮影》

対向式ホーム2面2線から成る駅で、現在では無人化されています。

板張りの木造駅舎が健在で、事務室部分の窓枠にアルミサッシが入っているものの、改札周辺には大きな改修が行われておらず、開通当初の雰囲気を色濃く残しています。袴腰型の屋根に特徴があり、正面左手から見ると、高い腰板と大きな窓枠があいまって、年季を感じさせます。

合戦場駅上りホーム
【写真2】合戦場駅上りホームと駅舎の間のスペースには、可憐な花が踊っていました。《2005年9月19日撮影》

駅舎は上りホーム東武日光方にあり、下りホームとは跨線橋で連絡しています。駅舎と上りホームの間は少し離れており、かつて外側線があったことがうかがえますが、現在では花壇となっており、私が降りたときには黄色い花が揺れていました。上りホームは、かつては島式だったことがうかがえます。

合戦場駅西口
【写真3】下り駅ホームからは直接道路に出ることができます。無人化されて久しい証左でしょう。《2005年9月19日撮影》

下りホーム中ほどにも出口があり、ホームから直接階段で道路へ下りるスタイルになっています。こちらには駅舎と呼べるものは何もありません。下りホームには待合室があり、地元の高校生がたむろしていました。柵には、枕木を転用した廃材が使われています。

駅の周辺には住宅が並んでおり、新栃木と下今市の間の中間駅としては民家が多いほうに入るものと思われます。観光案内などはなく、地元の利用客のみが使う駅になっているようです。

合戦場という、なんとも物騒なネーミングの駅ですが、駅周辺は静かなもので、昔からの民家がひっそりとつつましく建っているという印象を受けます。

停車列車 [2011年8月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【日光線】 東武動物公園杉戸高野台幸手南栗橋栗橋新古河柳生板倉東洋大前藤岡静和新大平下栃木新栃木合戦場家中東武金崎楡木樅山新鹿沼北鹿沼板荷下小代明神下今市上今市東武日光

2005年10月10日

▲ このページの先頭へ ▲