樅山
もみやま
Momiyama

樅山駅

 対向式2面2線から成る無人駅で、東武日光方にある跨線橋で上下ホームが結ばれています。

 上りホームには、比較的最近まで構内踏切があった形跡がありました。そのすぐ脇に、新しくつくられたごくシンプルな駅舎がありますが、無人化されています。自動券売機さえなく、駅員が仮眠を取ることができそうなしっかりした駅舎がどのような目的でつくられたのか、よくわかりません。また、駅正面左手には、例によって貨物扱いの跡地が広がっています。

樅山駅上りホーム

樅山駅上りホームに残る「踏切注意」の文字。かつては構内踏切で連絡していた時代の名残です。《2005年9月18日撮影》

 いっぽう、下りホームにも出口があり、未舗装の道路が連絡しています。駅出口の左下脇には簡素な看板がありますが、すっかり色あせており、“裏口”としての時期の長さをうかがわせます。

樅山駅西口

下りホームに設けられている西口からは、未舗装の通路が連絡しています。写真左下の駅名看板が、なかなかいい味を出しています。《2005年9月18日撮影》

 東口の駅前には、食品などを販売している商店がありますが、倉庫と民家が並ぶ田園地帯です。駅前からは直線道路がきっと延びており、ローカル駅らしい面影を残しています。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 コメント準備中。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

【鹿沼樅山郵便局】駅から北東へ、徒歩6分。未訪。

2005年10月10日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.