下今市

しもいまいち Shimoimaichi
下今市駅
▲下今市駅駅舎《2005年9月18日撮影》

 

東武日光線と鬼怒川線の分岐駅で、特急以下すべての列車が停車します。日光方面と鬼怒川温泉方面の2系統の列車が分割ないし併合されることが多く、長時間停車する列車もあります。鬼怒川線直通の特急または急行に接続する、日光シャトル列車なども設定されています。

このように東武日光線の交通の要衝となっており、駅の北側には側線が大きく広がり、車両基地が設けられています。島式ホーム2面4線となっており、日光および鬼怒川方にある跨線橋で、南側にある駅本屋へ連絡しています。

駅舎は木造の大柄なもので、緑茶を連想させる濃い緑色の大屋根が目を引きます。自動改札機が導入されています。

駅前広場にはタクシーや路線バスが出入りしており、今市市の玄関駅として賑わっていますが、駅前の商店街にはあまり活気が感じられませんでした。

停車列車 [2017年7月現在]

すべての列車が停車します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1929年7月7日
開業。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ