新鹿沼
しんかぬま
Shinkanuma

新鹿沼駅

 2面3線から成る駅で、特急以下、すべての列車が停車する主要駅です。

 下り線は駅舎が面した片面ホーム1面1線、上り線は島式ホーム1面2線となっており、両ホームは跨線橋で連絡しています。

新鹿沼駅玄関

新鹿沼駅のトレードマークは大きな三角屋根。しかし、この妙な明るい緑色はなんとかならないものでしょうか。《2005年9月19日撮影》

 駅舎は主要駅らしく比較的大きいもので、木造モルタル平屋。緑色に塗られた、大きなとんがり屋根が目を引きます。自動改札機が入っているほか、売店もあります。

 島式ホームをはさむように側線が広がっており、作業用車が留置されています。駅の南西側には貨物扱いの跡地がありますが、現在では駐車場になっています。

新鹿沼駅下りホーム

西側には側線が広がっています。風格のあるホーム屋根にも注目。《2005年9月19日撮影》

 駅前広場が整備されており、まっすぐ道路が延びています。鹿沼市街の最寄り駅ではありますが(鹿沼の中心街へは駅から北東へ1kmほど離れています)、駅前ビルの1階が空いていたり、廃業したビジネスホテルが並んでいたりと、お世辞にも景気はよろしくなさそうです。

 駅前には「例幣使街道 「彫刻屋台の鹿沼宿」」の看板が立っていました。例幣使街道とは国道293号線のことですが、鉄道を利用して訪れる観光客は多くなさそうで、観光客目当ての店などは特に見受けられませんでした。新栃木などとくらべ、構内タクシーの台数が多かったものの、これは市街地の中心部から離れていることを意味しているだけでしょう。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 コメント準備中。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

【鹿沼鳥居跡郵便局】駅を出て正面を進み左手、徒歩2分。未訪。

2005年10月10日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.