新栃木
しんとちぎ
Shintochigi

新栃木駅

 日光線と宇都宮線の分岐駅で、東武日光線の運転上の要衝となっています。南栗橋以北の日光線準急電車は、基本的に30分間隔で運転されますが、そのうち半分はこの新栃木止まりで、下今市方面へ行く列車は1時間間隔となります。

 基本的に、駅本屋のある片面ホームと、その東側にある島式ホームの、計2面3線となっていますが、その東側には多数の側線が広がっており、多くの列車が留置されています。南北に2つの跨線橋が設けられているのは、主要駅ゆえの貫禄でしょうか。

 駅舎は、それなりに古いものですが、きれいに改装されています。大きなトンガリ屋根がトレードマークです。

 駅前にはロータリーが整備されており、周囲には飲食店などが並んでいます。栃木市の市街地は新栃木駅の南西側にあたり、栃木と並ぶ同市の玄関口としての役割を担っています。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 コメント準備中。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

【栃木郵便局】駅正面右手すぐ。未訪。

2005年10月8日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.