通過待避が可能な駅

東武金崎

とうぶかなさき Tobukanasaki
東武金崎駅
▲東武金崎駅駅舎《2005年9月18日撮影》

STATION PROFILE

 

島式ホームを持つ中間駅で、東側にある駅本屋とは、東武日光方にある跨線橋で連絡しています。基本的に1面2線のほか、上下にそれぞれ側線が設けられており、優等列車および快速列車の通過待避がここで行われます。有人駅で、駅員が集改札を行います。

木造スレート葺きの駅舎ですが、壁面は新建材で補強され、窓枠もアルミサッシになっているなど、大きく改修されています。それでも社殿を思わせるような独特の傾斜を持つ屋根など、いっぷう変わった雰囲気を醸し出しています。

かつての貨物扱用地の跡が、東南側に広がっています。

駅の周辺は住宅地となっています。旧西方町役場の最寄り駅ですが、役場は出口と線路をはさんで反対側に位置しています。

停車列車 [2014年5月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1929年4月1日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2005年10月10日

このページの先頭へ