田沼
たぬま
Tanuma

田沼駅

 島式ホーム1面2線と、西側に側線1線が残る地平駅で、特急「りょうもう」が停車する有人駅です。もともと貨物の拠点駅として位置づけられていたためか、構内は非常に広いのですが、その大半は遊休地と化しています。

田沼駅ホーム

田沼駅の構内は非常に広くなっています。《2005年9月24日撮影》

 館林方の地下道を通って駅本屋へ通じています。出口は駅本屋のある西側のみで、東側へは駅の南北にある踏切をわたることになります。

 駅舎は木造平屋で、壁面が白く塗り直され窓が改修されています。正面から見ると、ややのっぺりした印象を受けます。旅客の待合用スペースはごく小さく、東武の木造駅舎の典型例ともいえます。

 駅前には広場はなく、あまり広くない道路に面しています。駅前一帯は旧田沼町の中心街で、商店街が広がっていますが、シャッターが降りていたり開店休業状態だったり、中にはガラスが割られたまま放置されたりしている店舗まであり、およそ活気というものが感じられませんでした。田沼は縫製業で栄えた町ですが、産業構造の変化に対応できなかった結果とみるべきでしょうか。

 旧田沼町は「日本列島の中心」をうたっていました。これは北海道最北端と九州最南端から日本海側、太平洋側それぞれの海岸線の中心を定め、両所の中点が同町にあったことによるものですが、何とも苦しいという印象は否めません。合併後の佐野市のWebサイトをざっと見たところ、このアピールは見あたりませんでした。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 コメント準備中。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

【田沼郵便局】駅から南西へ、徒歩5分。未訪。

2005年10月17日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.