和光市
わこうし
Wakoshi

和光市駅

 半高架上に、2面4線のホームが設置されています。東武東上線と、地下鉄有楽町線の連絡駅で、ここから坂戸方面で相互直通運転が行われており、特急以外の全列車が停車します。この和光市から志木までの区間は、複々線となっています。駅本屋・改札はホーム下の半地下にあり、これに接して南北自由通路が設置されています。

 駅周辺にはオフィスビルなどが建つものの、ベッドタウンの玄関口といった雰囲気が色濃く出ています。本田技研工業和光研究所、税務大学校、司法研修所などの最寄り駅です。

乗り場

 確認中。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 東上線開業から約20年経過してから1934年2月に「新倉(にいぐら)」駅として開業しました(同年7月12日に「にいくら」と改称)。その後、自治体名の変更にあわせて、1951年10月1日に「大和町」、1970年12月1日に「和光市」と改称しました。1987年3月27日には高架下駅舎が開業するとともに北口がオープンし、同年8月25日には営団地下鉄有楽町線が和光市まで開業するとともに、相互直通運転が開始されています。

周辺の見どころ

 特になし。

《乗り換え》東京地下鉄-有楽町線(構内共用)

【和光郵便局】駅から南西方向。未訪。

2004年11月26日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.