既存駅に囲まれた地味な駅

北参道

きたさんどう
Kitasando
北参道駅
▲北参道駅1番出口《2008年8月24日撮影》
北参道駅ホーム
【写真1】北参道駅ホーム。《2008年8月24日撮影》

新宿三丁目を出ると、副都心線は引き続き明治通り直下を、山手線とつかず離れずといった感じで走り、北参道に到着します。千駄ヶ谷三丁目付近に設けられている駅です。

島式ホーム1面2線というシンプルな構成です。ホームは地下2階に、コンコースは地下1階にあり、コンコース中央部分に改札口がひとつあるという、地下鉄としてはスタンダードなつくりです。

北参道駅改札
【写真2】北参道駅改札。《2008年8月24日撮影》

駅名のとおり明治神宮北参道、およびその入り口にある神社本庁への最寄り駅です。北西側には日本共産党本部、北東側には国立能楽堂、東側には鳩森八幡や国立競技場が立地していますが、いずれも既存の駅からのアクセスが確立しているせいか、副都心線の利用者は少ないようです。駅出口周辺には、マンションとオフィスビルが混在しています。

停車列車 [2010年2月現在]

急行および通勤急行は通過します。

乗り場

東から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

確認中。なお、建設時の仮称は「新千駄ヶ谷」でした。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【副都心線】 小竹向原千川要町池袋雑司が谷西早稲田東新宿新宿三丁目北参道明治神宮前渋谷

2010年3月1日

▲ このページの先頭へ ▲