銀座

ぎんざ
Ginza
銀座駅
▲銀座駅《2005年2月22日撮影》
銀座線銀座駅ホーム
【写真1】銀座線銀座駅ホーム。《2005年2月22日撮影》

銀座線、丸ノ内線の両駅を、日比谷線の駅が連絡する格好になっている駅です。

銀座線は中央通り直下、丸ノ内線は数寄屋橋に、それぞれ1面2線の島式ホームが設けられています。両ホームの間はやや離れていますが、連絡通路および日比谷線の島式ホームが両駅を結んでいます。

銀座線の駅は、服部時計店の時計台で名高い和光と、三越の間に挟まれています。一方丸ノ内線の駅は、阪急と直結しており、銀座から有楽町へ続く繁華街を形成しています。

銀座の地名は、徳川幕府がこの地に銀座役所を置き、丁銀・小粒銀などを鋳造させたことに由来します(銀座は1801年に日本橋蛎殻町に移転)。1872年の大火ののち、煉瓦造りの洋館街が形成され、1874年にはガス灯、1882年にはアーク灯が設置されることで不夜城と化し、多くの人が訪れるようになりました。“銀座”が繁華街の代名詞となったのは、関東大震災後の復興により“銀ブラ”が定着した時期にさかのぼります。現在も百貨店などの商店が多く並び、北は日本橋、西は有楽町へ延びる一大商業集積地です。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

東京地下鉄道の手によって、1934年3月、京橋から延長された際に終着駅として開業しました。1957年12月15日には丸ノ内線が開業し、この際には銀座線とは別の「西銀座」駅となっています。1964年8月29日、日比谷線の開通にあわせて銀座総合駅として統合され、現在にいたっています。

周辺の見どころ

確認中。

その他

【銀座線】 浅草田原町稲荷町上野上野広小路末広町神田三越前日本橋京橋銀座新橋虎ノ門溜池山王赤坂見附青山一丁目外苑前表参道渋谷

【丸ノ内線】 池袋新大塚茗荷谷後楽園本郷三丁目御茶ノ水淡路町大手町東京銀座霞ヶ関国会議事堂前赤坂見附四ッ谷四谷三丁目新宿御苑前新宿三丁目新宿西新宿中野坂上新中野東高円寺新高円寺南阿佐ヶ谷荻窪

【日比谷線】 北千住南千住三ノ輪入谷上野仲御徒町秋葉原小伝馬町人形町茅場町八丁堀築地東銀座銀座日比谷霞ヶ関神谷町六本木広尾恵比寿中目黒

2005年2月28日

▲ このページの先頭へ ▲