八丁堀

はっちょうぼり
Hatchobori
八丁堀駅
▲八丁堀駅A3出口《2004年9月15日撮影》
八丁堀駅ホーム
【写真1】八丁堀駅ホーム。《2004年9月15日撮影》

島式ホーム1面2線から成る駅で、地下2階に設けられています。秋葉原方面と銀座方面のそれぞれホーム端に出口が設けられており、ゆるやかにカーブを描くホームと、高い天井からつり下がっている蛍光灯の列が印象的です。

八丁堀の地名は、江戸時代にこの地域が、長さ8町の掘割で囲まれていたことによるといわれていますが、現在は埋め立てられて道路になっているものが多い。町奉行付与力同心の役宅があった地として有名です。

駅の周辺は高層ビルの建ち並ぶビジネス街になっていますが、ところどころに昔ながらの商店が残っています。

乗り場

駅名の由来

確認中。

歴史

日比谷線は、仲御徒町-人形町が最初に開通していますが、1963年に東銀座へ延長された際に設けられました。

周辺の見どころ

確認中。

【日比谷線】 北千住南千住三ノ輪入谷上野仲御徒町秋葉原小伝馬町人形町茅場町八丁堀築地東銀座銀座日比谷霞ヶ関神谷町六本木広尾恵比寿中目黒

《乗り換え》JR東日本-京葉線

2004年12月31日

▲ このページの先頭へ ▲