モノレール浜松町

ものれーるはままつちょう Monorailhamamatsucho
モノレール浜松町駅
▲モノレール浜松町駅降車側ホーム《2005年6月19日撮影》

 

モノレールは、カーブを描いてJR京浜東北・山手線の内側に入り、ビルの3階に位置するモノレール浜松町に到着します。1線を2つのホームが挟み込む形になっており、西側が降車専用ホーム、東側が乗車専用ホームになっています。

乗車専用ホームとの間には、JR構内と直結する連絡改札が設けられています。この連絡改札は、その性質上JR側からモノレール側という一方通行になっています。

降車専用ホームからは、ホーム中ほどおよび羽田側に1個所ずつの出口があります。

駅のコンコースには、航空券の販売やチェックイン手続などが可能なシティエアターミナルが併設されており、空港アクセスのメイン玄関らしい雰囲気が漂っています。駅は世界貿易センタービルの中にすっぽり入っており、駅舎と呼べるものは目立ちません。

停車列車 [2017年5月現在]

起終点駅なので当然ですが、すべての列車が停車します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1964年9月17日
開業。
2015年11月2日
駅リニューアルオープン[1]

周辺の見どころ

JR東日本-東海道本線:浜松町を参照のこと。

  1. 東京モノレールプレスリリース「モノレール浜松町駅リニューアルオープン」[PDF] (2015年10月22日)。

このページの先頭へ