林の中に駅だけがポツンと

男鹿高原

おじかこうげん
Ojikakogen
男鹿高原駅
▲男鹿高原駅出口周辺《2010年5月3日撮影》
男鹿高原駅ホーム
【写真1】男鹿高原駅ホーム。山林の中にホームがあるのみです。《2010年5月3日撮影》

会津鬼怒川線は、もともと人口過疎地帯に敷設されている路線ですが、なかでも上三依以北になると、山林ばかりが続き民家はあまり見当たらなくなってきます。そんな山林地帯に設けられているのが、男鹿高原駅です。

傾斜地上にカーブを描いた片面ホームが置かれているのみで、ホームからは線路上側にある道路まで階段の通路が通じているほか、簡単な待合室が用意されています。ただし利用者が少ないことは当初から想定されていたのか、要員待機場所などはまったく設けられておらず、完全に無人駅仕様となっています。自動券売機なども設置されていません。

男鹿高原駅近くのヘリポート
【写真2】男鹿高原駅近くのヘリポート。駅周辺にある施設は、変電所とヘリポートのみです。《2010年5月3日撮影》

駅を出ると、正面を横切る形で舗装道路が通っていますが、これを左手に進むと、すぐに国有林に入り無許可での通行は人を含めて禁止となります。それではと右手に進むと、無人の変電所があるのみで、ほかには構造物と呼べるしろものは何もありません。駅には変電所付近にトイレがある旨の掲示がありましたが、私が訪れたときには笹藪があるのみで、それらしきものはまったく見当たりませんでした。

その先に進むと、学校の校庭のように大きく開かれた場所が見えてきますが、これはヘリポートです。当然ながら非常時に用いられるもので、常時利用があるわけではありません。

駅周辺にあるものはこれがすべてで、このため“秘境駅”と称されることもあります。ただし、駅からしばらく歩くと日光街道があり、こちらは自動車が頻繁に走っています。なお、熊が出没するという情報があるので、散策の際にはご注意を。

駅名の由来

確認中。

歴史

野岩鉄道開業の際に設置された駅です。

周辺の見どころ

何もなし。

【会津鬼怒川線】 新藤原龍王峡川治温泉川治湯元湯西川温泉中三依温泉上三依塩原温泉口男鹿高原会津高原尾瀬口

2010年7月13日

▲ このページの先頭へ ▲