有明テニスの森

ありあけてにすのもり
Ariaketennisnomori
有明テニスの森駅
▲有明テニスの森駅駅舎《2006年5月5日撮影》
有明テニスの森駅ホーム
【写真1】有明テニスの森駅ホーム。島式ホーム1面2線のスタイルは、延伸区間全駅で共通です。《2006年5月5日撮影》

有明の先で、東京臨海高速鉄道と首都高速湾岸線をオーバークロスし、左手に有明コロシアムを見ながら進みます。倉庫のような建物が途切れ、更地ばかりになったところに、駅が設けられています。

島式ホーム1面2線の高架ホームが3階、コンコースが2階にあり、その下の道路へは両脇へ階段、エスカレータないしエレベータが設けられています。この構造は、有明から先の延伸区間全駅で共通しています。

駅名となっている「有明テニスの森」は、有明コロシアムの西側に広がる公園を指しますが、国際展示場駅西側にある跨線橋からのアプローチのほうが便利でしょう。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【東京臨海新交通臨海線】 新橋汐留竹芝日の出芝浦ふ頭お台場海浜公園台場船の科学館テレコムセンター青海国際展示場正門有明有明テニスの森市場前新豊洲豊洲

2006年5月8日

▲ このページの先頭へ ▲