だんだん山が迫ります

市原

いちはら Ichihara
市原駅
▲市原駅《2005年8月10日撮影》

 

市原駅ホーム
【写真1】市原駅ホーム。かつて使われていた旧ホームがうかがえます。《2005年8月10日撮影》

二軒茶屋を出ると勾配はいよいよ急になり、高台からしだいに山へと分け入っていきます。

片面ホーム1面1線のみから成る無人駅です。ホームには上屋が設置されており、また小さな待合室が設けられています。ホームと線路を挟んで反対側にあるコンクリートの物件は、戦前に使われていた旧ホームです。戦前まではこの市原までが複線区間でしたが、戦時中の鉄材供出のため全線が単線化され、戦後も複線化は二軒茶屋で止まっています。眠りについているこの旧ホームが日の目を見ることはあるのでしょうか。

駅の西側一帯は少し開けた集落になっているほか、織物工場が立地しています。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1928年12月1日
鞍馬電気鉄道によって山端(現、宝ヶ池)-市原間が開通した際、開業。
1929年10月20日
市原-鞍馬(仮)間が開通、中間駅となります。
1942年9月1日
鞍馬電気鉄道が京福電気鉄道に合併、同社の駅となります。
1986年4月1日
京福電気鉄道から叡山電鉄に譲渡され、同社の駅となります。
2018年9月4日
平成28年台風21号による風水害に伴い、叡山本線を含む叡山電鉄全線が運休(7日、二軒茶屋-市原間が復旧、運転再開)。
2018年9月27日
鞍馬線・市原-貴船口間が復旧、運転再開。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ