だんだん山が迫ります

市原

いちはら
Ichihara
市原駅
▲市原駅《2005年8月10日撮影》
市原駅ホーム
【写真1】市原駅ホーム。かつて使われていた旧ホームがうかがえます。《2005年8月10日撮影》

二軒茶屋を出ると勾配はいよいよ急になり、高台からしだいに山へと分け入っていきます。

片面ホーム1面1線のみから成る無人駅です。ホームには上屋が設置されており、また小さな待合室が設けられています。ホームと線路を挟んで反対側にあるコンクリートの物件は、戦前に使われていた旧ホームです。戦前まではこの市原までが複線区間でしたが、戦時中の鉄材供出のため全線が単線化され、戦後も複線化は二軒茶屋で止まっています。眠りについているこの旧ホームが日の目を見ることはあるのでしょうか。

駅の西側一帯は少し開けた集落になっているほか、織物工場が立地しています。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【鞍馬線】 宝ヶ池八幡前岩倉木野京都精華大前二軒茶屋市原二ノ瀬貴船口鞍馬

▲ このページの先頭へ ▲