階段を延々登ってやっとホームに

二ノ瀬

にのせ
Ninose
二ノ瀬駅
▲二ノ瀬駅《2005年8月10日撮影》
二ノ瀬駅入り口
【写真1】このあたりが二ノ瀬駅の“入り口”と呼べるのでしょうか。《2005年8月10日撮影》

斜面の途中に設けられている、相対式ホーム2面2線から成る駅で、行き違いが可能です。2つのホームは構内踏切で連絡しています。

「叡山電車 二ノ瀬駅」と大書した看板があるものの、駅に平行する鞍馬街道からは、自動車などとても入れない狭い道路を進んでいくこととなります。

二ノ瀬駅へ通じる階段
【写真2】二ノ瀬駅を下から望む。《2005年8月10日撮影》

民家の間の路地を進むと、こんどは階段になり、延々とのぼっていくこととなります。段数がそれほど多いわけではなく、傾斜もごく緩いものですが、足腰が不自由な人にとっては見ただけで行く気が失せそうです。

二ノ瀬駅上りホーム
【写真3】二ノ瀬駅上りホーム。《2005年8月10日撮影》

ホームにはログハウス調の木造待合室が用意されています。

駅の周辺は紅葉の名所として知られており、シーズンにはライトアップが行われるとのことです。

乗り場

番線表示はありません。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【鞍馬線】 宝ヶ池八幡前岩倉木野京都精華大前二軒茶屋市原二ノ瀬貴船口鞍馬

▲ このページの先頭へ ▲