川の脇にある駅

神崎川

かんざきがわ
Kanzakigawa
神崎川駅
▲神崎川駅駅舎《2003年9月23日撮影》

築堤上に設けられている、対向式ホーム2面2線から成る駅です。

駅舎は上りホーム脇の地平に設けられており、駅の下を東西に横断する道路に面しています。

駅名となっている神崎川は駅の神戸方(北西側)を流れていますが、橋梁があまり高くないため、高潮などの際には神戸本線の園田以東が運休となる場合があります(園田で折り返し運転)。

駅の周辺には工場が多く立ち並んでいるほか、十三方面へと連なる商店街などもあります。

停車列車 [2013年12月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

駅のすぐ近くを流れる河川名から取られたものです。

歴史

阪急神戸線が開通した際に設置された駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【神戸本線】 梅田中津十三神崎川園田塚口武庫之荘西宮北口夙川芦屋川岡本御影六甲王子公園春日野道神戸三宮

2003年9月28日
2005年8月31日、加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲