学生とハイキング客の拠点駅

六甲

ろっこう Rokko
六甲駅
▲六甲駅駅舎《2005年8月9日撮影》

 

六甲駅ホーム
【写真1】六甲駅は2面4線で、内側2線は待避線です。《2005年8月9日撮影》

対向式ホーム2面2線と、それに挟まれる形で通過線2線が設けられている駅で、駅名のとおり六甲山へのアクセス駅として位置づけられています。

橋上駅舎が、ホームの梅田方面に設けられており、駅舎内には飲食店や書店などが同居しています。メインの出口は線路の北側にありますが、南側に出ることもできます。北口の駅直下には、路線バスが出入りしています。

駅前は比較的広い道路が整備されていますが、急坂が続くため、地図で確認した距離以上に移動時間がかかることがあります。

駅の周辺は商店街ですが、基本的に駅から北側は住宅となっています。神戸大学が近く、学生の姿がよく見られます。

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1920年7月16日
開業。
1984年5月5日
駅構内にて列車衝突事故発生(負傷者72名)。

周辺の見どころ

六甲八幡神社

駅から南へ、徒歩1分。コメント準備中。

六甲ケーブル

駅から北へ、徒歩30分または路線バス10分。コメント準備中。

このページの先頭へ