列車の通過待ちが行われる駅

相川

あいかわ
Aikawa
相川駅
▲相川駅東口《2007年9月17日撮影》
相川駅ホーム
【写真1】相川駅ホーム。《2007年9月17日撮影》

築堤上に島式2面4線が設けられている駅です。普通列車のみが停車する駅で、優等列車の通過待ちが行われます。

出口は東西にそれぞれ1個所ずつ、いずれも地上に設けられています。メインとなっている東口は、駅前広場を中心として放射状に道路が延びており、マンションや商店などが並んでいます。駅舎は事務室部分のみが二階建てとなっており、阪急らしい機能性本位のものです。

相川駅西口
【写真2】相川駅西口。《2007年9月17日撮影》

いっぽうの西口は、自動券売機と自動改札機があるのみで無人化されています。こちらは駅前に工場があるほか、吹田方面へ向かう道路が延びているものの、比較的閑散としています。なお、この道路が安威川にかかっている橋の名前は「新京阪橋」で、阪急京都線の前身にあたる新京阪線の名前を残しています。

停車列車 [2013年12月現在]

普通列車のみが停車します。

乗り場

西側から順に1号線、2号線…となります。

駅名の由来

地名の相川は1931年(昭6)に数ヶ町を合併した際に、目の前を流れる安威川にちなんで命名されたものとのことです[1]

歴史

新京阪鉄道が淡路-高槻町を開通させた際に設置された駅で、開業当初は「吹田町」と称しました。しばらくこの駅名が使われましたが、1940年6月15日に「京阪吹田」と改称、さらに阪神急行電鉄との合併に伴い1943年10月1日には「吹田東口」と改称しました(同日、千里線の東吹田駅が「吹田」と改称しています)。

基本的に、安威川を挟んだ吹田の駅名が使われてきましたが、1954年5月1日になって現地の地名である「相川」を駅名に採用、現在にいたっています。

周辺の見どころ

確認中。


  1. 今尾恵介『消えた駅名 駅名改称の裏に隠された謎と秘密』東京堂出版、2004年、204ページ。

【京都本線】 十三南方崇禅寺淡路上新庄相川正雀摂津市南茨木茨木市総持寺富田高槻市上牧水無瀬大山崎西山天王山長岡天神西向日東向日洛西口西京極西院大宮烏丸河原町

2008年1月2日

▲ このページの先頭へ ▲