向日市の中心駅

東向日

ひがしむこう
Higashimuko
東向日駅
▲東向日駅駅舎《2008年7月6日撮影》
東向日駅ホーム
【写真1】東向日駅ホーム。十三方面行きホームより十三方を望む。《2008年7月6日撮影》

向日市の玄関駅と位置づけられる駅です。『JTB時刻表』(2008年7月号)では駅の代表駅はJR向日町駅となっていますが、これは長岡京市における阪急長岡天神駅とJR長岡京駅の関係と同じく、実態とはかなりずれた判断と考えられます。

相対式ホーム2面2線で、メインの駅舎は河原町方面行きホームの十三方に設置されており、十三方面行きホームとの間は地下道で連絡しています。駅出口前には小振りなロータリーがあり路線バスが発着しているほか、カラオケやパチンコなどの店舗、飲食店などが立地しています。ただし商業施設の立地がやや中途半端な印象があり、あまり賑わっているという雰囲気は感じられませんでした。

東向日駅十三方面出口
【写真2】東向日駅十三方面出口。《2008年7月6日撮影》

このほか、十三方面行きホームにも無人の出口があり、乗降できます。こちらは一帯が住宅地となっているため、メインの出口はうってかわって静かな一帯です。JR向日町駅へは歩いて7分ほどの距離ですが、案内表示などはありません。

向日町競輪場の最寄り駅であり、競輪開催日には客層が大きく変わります。なお、開催日には優等列車が臨時停車する場合があります。

停車列車 [2013年12月現在]

準急と普通のみが停車します。

乗り場

号線表示はありません。

駅名の由来

「向日」についてはJR西日本-東海道本線:向日町を参照のこと(未記述)。

歴史

新京阪線開通時以来の駅です。

周辺の見どころ

大原野神社

路線バスで20分、「南春日町」下車徒歩7分。奈良春日大社から勧請を受けた神社で、藤原氏と縁が深く史書にも多く登場する古社です。現在は「京の春日さん」とも呼ばれ、洛西の氏神として尊崇を受けています。拝観無料。

【WebSite】http://www.kyoto-web.com/oharano/

勝持寺(花の寺)

上述の大原野神社に隣接し、「花の寺」の通称で有名。もとは天平時代に遡るとされ、最澄が復興した寺院です。西行法師がこの地で得度したことでも有名。現在の建造物は応仁の乱後のものです。春には多数のサクラ、秋には鮮やかなモミジがみごとです。

向日市文化資料館【未訪】

駅から南西へ、徒歩12分。乙訓地区で出土した考古史料を中心に収集、保管している資料館。月休。

【WebSite】http://www.city.muko.kyoto.jp/shisetsu/shiryokan.html

【京都本線】 十三南方崇禅寺淡路上新庄相川正雀摂津市南茨木茨木市総持寺富田高槻市上牧水無瀬大山崎西山天王山長岡天神西向日東向日洛西口西京極西院大宮烏丸河原町

2008年8月11日

▲ このページの先頭へ ▲