東淀川区の中心駅

上新庄

かみしんじょう
Kamishinjo
上新庄駅
▲上新庄駅南口《2007年9月17日撮影》
上新庄駅ホーム
【写真1】上新庄駅ホーム。《2007年9月17日撮影》

東海道新幹線の下をくぐった先に設けられている、相対式ホーム2面2線から成る高架駅です。長らく普通列車以外は通過する駅でしたが、2007年3月のダイヤ改正に伴い準急が停車するようになりました。

出口は東西に設けられており、線路がオーバークロスしている大阪内環状線の東西にそれぞれ出口があるという形になっています。

上新庄駅北口
【写真2】上新庄駅北口。《2007年9月17日撮影》

南口は「上新庄阪急プラザ」の中に入っており、銀行やオフィスなどがぎっしり並んでいます。ホームと南口コンコースとの間は少し離れており、ホームから緩やかな傾斜をおりて改札にたどり着きます。

いっぽう北口はこぢんまりとしており、周辺には庶民的な飲食店が多く並んでいます。

停車列車 [2013年12月現在]

快速以下の列車が停車します。

乗り場

西側から順に1号線、2号線となります。

駅名の由来

上新庄の地名は江戸時代初期からあったものですが、その起源は定かではありません。

歴史

新京阪鉄道が淡路-高槻町を開通させた際に設置された駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【京都本線】 十三南方崇禅寺淡路上新庄相川正雀摂津市南茨木茨木市総持寺富田高槻市上牧水無瀬大山崎西山天王山長岡天神西向日東向日洛西口西京極西院大宮烏丸河原町

2008年1月2日

▲ このページの先頭へ ▲