東海道新幹線がすぐ脇を

上牧

かんまき
Kammaki
上牧駅
▲上牧駅駅舎《2008年7月6日撮影》
上牧駅ホーム
【写真1】上牧駅ホーム。左側に見えるのが東海道新幹線の線路です。《2008年7月6日撮影》

高槻市を出ると、京都線の左側には山が、右側には淀川が迫ってきます。この両者に挟まれるとともに、東海道新幹線が併走します。

島式ホーム1面2線から成る駅です。待避線などが設けられていない駅で島式ホームとなっているのは、阪急京都線ではこの上牧が唯一です。ホームは築堤上に設けられており、線路西側に駅舎が設けられています。ホームに立つと東海道新幹線がすぐ脇を通るため、ホームで新幹線の写真を撮る人をしばしば見受けます。

駅舎は鉄骨平屋建てで、石橋塚口とも共通する三角屋根が印象的です。

駅の周辺は住宅地ですが、畑地や荒地がちらほら目に付きます。

停車列車 [2013年12月現在]

準急および普通のみが停車します。

乗り場

北西側から順に、1号線、2号線となります。

駅名の由来

「牧」の字から、牧場が設けられていたものと推測されますが、確証はありません。

歴史

京阪電気鉄道合併後に設置された駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【京都本線】 十三南方崇禅寺淡路上新庄相川正雀摂津市南茨木茨木市総持寺富田高槻市上牧水無瀬大山崎西山天王山長岡天神西向日東向日洛西口西京極西院大宮烏丸河原町

2008年8月10日

▲ このページの先頭へ ▲