天下分け目の地に設けられている駅

大山崎

おおやまざき
Oyamazaki
大山崎駅
▲大山崎駅駅舎《1998年3月3日撮影》
大山崎駅ホーム
【写真1】大山崎駅ホーム。《2008年7月6日撮影》

水無瀬付近でいったん離れた西側の山が再び近づいてくると、山崎の合戦で名高い、天王山と淀川が迫る地域に入り、大山崎駅へ到着します。

高架上に相対式ホーム2面2線を備えています。ホームは京都方でゆるやかなカーブを描いています。

大山崎駅改札
【写真2】大山崎駅改札口。《2008年7月6日撮影》

改札は高架下の地平にあります。出口は駅北西側、府道に面した1個所です。この付近では北西側から、JR東海道本線、府道大山崎大枝線、阪急京都線、東海道新幹線、国道171号線の順に、これらが200mほどの間に詰まっています。

駅の周辺は住宅地となっています。JR山崎駅が近くに位置していますが、同駅ともども駅周辺には商店街と呼べるものは形成されておらず、個人商店がぽつぽつと民家の間に存在するという印象です。

阪急京都線は、ここから東海道新幹線とは分かれて進路を少し北に変え、ほどなくJR東海道本線をアンダークロスします。

停車列車 [2013年12月現在]

準急と普通のみが停車します。

乗り場

号線表示はありません。

駅名の由来

JRの「山崎」と語源は同じですが、大阪府側の地名が「山崎」、京都府側の地名が「大山崎」であり、国鉄のほうが先に山崎駅を開業させていたことに加え、設置した駅が京都府内になったため、大山崎の名称を採用したものと思われます。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

JR西日本-東海道本線:山崎を参照のこと。

【京都本線】 十三南方崇禅寺淡路上新庄相川正雀摂津市南茨木茨木市総持寺富田高槻市上牧水無瀬大山崎西山天王山長岡天神西向日東向日洛西口西京極西院大宮烏丸河原町

《乗り換え》JR西日本-東海道本線:山崎

2003年7月27日
2008年8月10日、写真を追加の上加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲