西院駅の情報、写真、印象記(京都府:阪急-京都本線)

カーブを描く地下の駅

西院

さいいん Saiin
西院駅
▲西院駅駅舎《2005年7月18日撮影》

 

西院駅ホーム
【写真1】相対式の西院駅ホーム。《2005年7月18日撮影》

西京極駅を出ると阪急京都線はぐっと坂を下って地下に入り、右にカーブすると西院地下駅に到着します。この西院駅から先は、ずっと四条通の下を進んでいきます。

相対式ホーム2面2線から成る地下駅で、改札は西大路四条交差点の角の地上にあります。嵐電(京福電気鉄道嵐山線)に乗り換えるには、地上に出る必要があります。出口はホーム大阪側の端から階段を上った先にあります。

嵐電の電停とは異なり「さいいん」と読みますが、地元では「さい」あるいは「さいん」と呼ばれることも多く、一定していません。

駅の周辺は古くからの商店街となっています。

停車列車 [2017年4月現在]

通勤特急・快速急行が停車します。

乗り場

北側から順に、1号線、2号線となります。

  • 1号線 河原町方面
  • 2号線 桂、梅田方面

駅名の由来

京福電気鉄道-嵐山本線:西院を参照のこと。

歴史

新京阪鉄道の京都側ターミナルとして、1928年に「京都西院」の駅名で開業しました。当時は地上駅でしたが、京阪電気鉄道に合併した後の1931年3月31日に新京阪線は京阪京都(現、大宮)まで延伸し、この際に京都西院駅は「西院」と改称のうえ地下化されました。

1928年11月1日
開業。
2017年3月25日
嵐電との接続改善のため、北改札口および南改札口を新設[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 京福電気鉄道・阪急プレスリリース「嵐電西院駅嵐山方面行きホームを移設するとともに 阪急西院駅北・南改札口を新設し、3月25日(土)より供用を開始します」[PDF] (2017年2月24日)。

このページの先頭へ