宝塚方面と箕面方面の分岐駅

石橋

いしばし
Ishibashi
石橋駅
▲石橋駅東口《2005年8月9日撮影》

宝塚線と箕面線が分岐駅する地平駅です。宝塚線はこの石橋駅から宝塚方面でカーブを描き、箕面線も宝塚線とは異なる方向へ進むため、両線がY字形を描いています。

ホームは3面5線という大がかりなもので、宝塚線乗り場、箕面線内折り返し列車乗り場、宝塚・箕面両線直通列車乗り場に分かれます。出口は西側と北側(呼称は「東口」の2カ所があり、各ホームの間は地下道で連絡しています。)

大阪大学の最寄り駅で、学生の姿を多く見かけます。

停車列車 [2013年12月現在]

確認中。

乗り場

駅名の由来

西国街道と能勢街道が交わる位置にあった石橋から付いた地名とされています。

歴史

箕面有馬電気軌道が梅田-宝塚ほかを開通させた際に設置された駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【宝塚本線】 梅田中津十三三国庄内服部天神曽根岡町豊中蛍池石橋池田川西能勢口雲雀丘花屋敷山本中山観音売布神社清荒神宝塚

【箕面線】 石橋桜井牧落箕面

2007年6月16日

▲ このページの先頭へ ▲