年末年始は大にぎわい

清荒神

きよしこうじん
Kiyoshikojin
清荒神駅
▲清荒神駅《2005年8月9日撮影》

相対式ホーム2面2線から成る地平駅で、両ホームは地下道で連絡しています。梅田方面行きホームに接して駅本屋があり、改札口が設けられているほか、宝塚方面行きホームの宝塚方にも自動改札機が設置されています。また、初詣などの多客期対応のため、駅本屋の西側には臨時切符売り場が設けられています。かつて、阪急電車と阪神のバスが参拝客輸送で激しい競争を演じたといいますが、現在ではその面影はありません。

清荒神への参詣拠点であるほか、宝塚市立図書館の最寄り駅でもあります。

停車列車 [2013年12月現在]

確認中。

乗り場

号線表示はありません。

駅名の由来

確認中。

歴史

箕面有馬電気軌道が梅田-宝塚で開通した際に設置された駅です。

周辺の見どころ

清荒神(清澄寺)【未訪】

コメント準備中。

【宝塚本線】 梅田中津十三三国庄内服部天神曽根岡町豊中蛍池石橋池田川西能勢口雲雀丘花屋敷山本中山観音売布神社清荒神宝塚

2007年6月22日

▲ このページの先頭へ ▲