豊中市の中心駅

豊中

とよなか
Toyonaka
豊中駅
▲豊中駅外観《2005年8月9日撮影》
豊中駅ホーム
【写真1】豊中駅ホーム。《2005年8月9日撮影》

島式ホーム1面2線から成る高架駅で、ホームは3階、コンコースは2階に設けられています。隣接する岡町駅に比べてホームの幅がゆったり取られており、大きなカーブを描いています。高架化に伴い10両編成に対応し、これによって朝ラッシュ時の急行が停車するようになりました。なお、日生エクスプレスは通過します。

駅の周辺には銀行が多く、金融街の趣を呈しています。

停車列車 [2013年12月現在]

確認中。

乗り場

駅名の由来

豊中の地名は、1889年に摂津国豊島郡の五ヶ村が合併した際、「豊」島郡の「中」にあたることから豊中村という名称が付けられたことに由来します。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。


  1. 『鉄道ジャーナル』鉄道ジャーナル社、No.377(1998年3月号)85ページ。

【宝塚本線】 梅田中津十三三国庄内服部天神曽根岡町豊中蛍池石橋池田川西能勢口雲雀丘花屋敷山本中山観音売布神社清荒神宝塚

2007年6月15日

▲ このページの先頭へ ▲