駅名標には「山本(平井)」

山本

やまもと
Yamamoto
山本駅
▲山本駅外観《2005年8月9日撮影》

相対式ホーム2面2線から成る地平駅です。傾斜地上に設けられているため、北側(上りホーム側)では駅前広場がホームよりも高い位置にあります。なお、上の写真では橋上駅舎のように見えますが、これは駅をアンダークロスする道路から見上げるように撮ったためで、撮影地点が周囲よりも一段低いところにあるためです。

かつて、山本駅と平井駅が統合された際、山本駅が存続して平井駅が廃止という形になったという経緯があり、現在では副名称として「平井」が残っています。

駅の周辺は住宅地となっています。山本は植木産業で全国的に知られています。

停車列車 [2013年12月現在]

確認中。

乗り場

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

箕面有馬電気軌道が梅田-宝塚ほかを開通させた際に設置された駅ですが、当時の駅は宝塚寄りにありました。1944年9月1日、ひとつ梅田側にあった平井駅を統合し、現在位置に移転しています。

周辺の見どころ

確認中。

【宝塚本線】 梅田中津十三三国庄内服部天神曽根岡町豊中蛍池石橋池田川西能勢口雲雀丘花屋敷山本中山観音売布神社清荒神宝塚

2007年6月17日

▲ このページの先頭へ ▲