かつては日本一ホームの狭い駅といわれていました

春日野道
かすがのみち
Kasuganomichi

春日野道駅

 地下の島式ホームと地下改札を持つ駅です。一説によると「日本一狭いホーム」だそうで、おそらく阪急中津駅よりも狭いでしょう。通過列車の速度規制が厳しいほか、このホームでは列車のすれ違いを行わないようなダイヤになっているともいわれています。

春日野道駅旧ホーム

「日本一狭い」ともいわれていた、かつての島式ホーム。《2003年9月24日撮影》

 上記写真のような駅では安全性に問題があるほか、ダイヤのネックともなっていたため、上下線のそれぞれ外側に対向式ホームが新設され、2004年9月25日から供用が開始されています。

 この付近から、阪神電車は国道2号線の下を走るようになります。駅の北側は住宅や店舗、オフィスなどが並び、阪急春日野道に向かって、アーケードのある春日野道商店街が延びています。南側は臨海工業地域でしたが、震災後の再開発により「HAT神戸・脇の浜」が整備され、高層住宅が並ぶようになりました。

乗り場

 確認中。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 1933年6月16日かぎりでいったん廃止されましたが、その後復活しています。ホームが狭小なのは、地下線の計画段階では駅を廃止する予定だったところ、川崎製鉄所勤務の従業員通勤用に、急遽地下駅を設置するように変更されたためといわれています。

周辺の見どころ

 特になし。

【葺合郵便局】駅北側すぐ。未訪。

2003年10月13日
2004年10月5日、加筆修正
2005年6月6日、加筆修正

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.