ホーム移動で大変貌

神戸三宮

こうべさんのみや Kobesannomiya
三宮駅
▲阪神神戸三宮駅外観《2005年3月12日撮影》

 

阪神三宮駅ホーム
【写真1】阪神三宮駅ホームは、大手私鉄の神戸側ターミナルとしてはかなり手狭です。《2003年9月24日撮影》

地下駅で、上り線は島式ホーム(乗車ホームと降車ホーム)、下り線は頭端式ホームと片面ホームから成っており、トータルで4面3線という変則的な構造になっています。

地下駅としてはかなり古く、太い柱やゴツゴツした内壁などに歴史を感じさせます。ホームの数が少ないうえに出口が事実上1つのみで、手狭という印象は否定できません。

駅はフラワーロードの真下にあたり、百貨店「そごう」に直結しています。そごうの出入り口には風格を感じさせる大理石が使われているほか、地上でもゆるやかな曲線を描く店舗は、三宮の町中で目を惹く存在になっています。

また大規模な地下街「さんちか」があり、傘を差すことなく各地へ出ることができます。

停車列車 [2017年5月現在]

すべての列車が停車します。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線…となります。

  • 1.本線上り 西宮、梅田方面(高速神戸方面からの直通)
  • 2.本線上り 西宮、梅田方面(神戸三宮折り返し始発)
  • (降車専用ホーム)
  • 3.本線下り 高速神戸、山陽姫路方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1905年4月12日
開業。
2012年3月20日
東改札口を新設[1]
2012年6月2日
折り返し線を3番線(南側)から2番線に変更[2]
2013年3月20日
「阪神電車サービスセンター」を開設し、商業施設「スクラ三宮」オープン[3]
2014年4月1日
駅名を「三宮」から「神戸三宮」に変更[4] [5]

周辺の見どころ

JR西日本-東海道本線:三ノ宮を参照のこと。

  1. 阪神・神戸高速鉄道プレスリリース「阪神三宮駅改良工事が3月20日に完了!」[PDF] (2013年1月28日)。
  2. 阪神・神戸高速鉄道プレスリリース「三宮駅 下り線と折り返し線を入れ替えます」[PDF] (2012年5月21日)。
  3. 阪神・阪神ステーションネットプレスリリース「阪神三宮駅の駅ナカに「スクラ三宮」誕生! 「阪神電車サービスセンター」も開設」[PDF] (2013年2月7日)。
  4. 阪神プレスリリース「阪神「三宮」を「神戸三宮」に駅名変更のうえ、駅ナンバリングを導入し、全てのお客さまに分かりやすい駅を目指します」[PDF] (2013年4月30日)。
  5. 神戸新聞「阪神「神戸三宮」駅に改称」(2014年3月31日)。※2016年5月22日現在リンク切れ

このページの先頭へ