震災後の再開発で再び活気が

新在家

しんざいけ Shinzaike
新在家駅
▲新在家駅《2016年7月3日撮影》

 

【写真1】。《2016年7月3日撮影》

高架の対向式ホームを持つ駅。開業当時の駅名は「東明」で、「新在家」は別の駅だった。この旧・新在家が廃止され、それに伴って東明駅が新在家と改称した。

停車列車 [2016年7月現在]

普通列車のみが停車します。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.本線 西宮、梅田方面
  • 2.本線 神戸三宮、元町方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1905年4月12日
開業。

周辺の見どころ

こうべ甲南 武庫の郷(甲南漬資料館)

【写真A-1】。《2016年7月3日撮影》
【写真A-2】。《2016年7月3日撮影》

駅から南東へ、徒歩5分。灘五郷の酒粕を用いた粕漬けを販売する甲南漬の本店に隣接する洋館を、資料館、飲食店、コミュニティスペースなどとして利用しています。甲南漬2代当主の私邸として1930年に建てられたもので、清水栄二設計。分離派の影響が強くみられ、他にはなかなか類例のない、独特の形状の窓やひさしが目を引きます。内部見学も自由にできます(撮影可能)。国登録有形文化財。甲南漬本店では買い物も可能で、敷地内にはレストランも入居しています。

このページの先頭へ