クラシックな外観の高架駅

住吉
すみよし
Sumiyoshi

住吉駅

 対向式ホーム2面2線から成る高架駅で、駅の出口はホームに梅田側の端に設置されています。普通列車のみが停車します。なお、JR住吉駅とは離れており、徒歩連絡は不可能ではありませんが、連絡駅としてはまったく機能していません。新在家と六甲道、岩屋と灘のほうが、乗り換えははるかに便利です。

 この駅の特徴は、駅階段に設けられている丸い窓です。円形の中に十字枠をはめこみ、これが段々を描いている様は、コンクリート造りの建物がまだ一般的ではなかった時代、非常に斬新なデザインにうつったことでしょう。高架下に入る飲食店などのために一部が改築されていますが、阪神電車が最初に高架化された区間の雰囲気を、よくとどめています。

住吉駅階段

階段の丸窓が楽しい。《2005年7月17日撮影》

 高架の下に改札が設けられており、阪神・淡路大震災の際に被害を受けたものの、きれいに修復されています。玄関部分は、ゆるやかな曲線を描いた軒が多数用いられていますが、果たして震災前も同様のデザインだったかどうか、記憶が定かではありません。

住吉駅ホーム

住吉駅ホーム。最古級の高架駅らしく、風格が漂っています。《2005年7月17日撮影》

 高架ホームは古色蒼然とした趣で、リベットだらけの屋根支柱や無骨な架線柱など、最古級の高架駅らしい雰囲気をよく残しています。

 駅の周辺は住宅地ですが、工業地域がすぐ南側にあります。魚崎と同様、酒造メーカーが多い一帯ですが、やはり震災の被害は甚大でした。

乗り場

 確認中。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 阪神電車が開通した際に設置された駅です。開通当時は併用軌道上の駅でしたが、1929年7月に高架化されました。

周辺の見どころ

白鶴酒造美術館

 駅から南へ、徒歩5分。コメント準備中。

【URL】http://www.hakutsuru.co.jp/culture/siryokan/

【阪神住吉郵便局】駅から北へ、徒歩1分。

2003年10月13日
2005年8月3日、写真を追加のうえ加筆修正

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.