登山道がすぐ脇を通る急傾斜駅

もたて山
もたてやま
Motateyama

もたて山駅

 片面ホーム1面1線の駅です。ほうらい丘とは異なり勾配が急で、板張りのホームになっています。小規模ながら屋根付きの待合いスペースも設けられています。

乗車する際の呼び出し電話

もたて山から乗車する際には、ケーブル延暦寺駅へ呼び出し電話をかけます。《2005年8月10日撮影》

 ほうらい丘駅と同様、ケーブルカーはもたて山駅には基本的に停車しませんが、乗降する旅客がある場合にかぎって停車します。

 もたて山駅から乗車するには、駅備え付けの鉄道電話でケーブル延暦寺駅へ「坂本行き/比叡山行きのケーブルカーに乗る」旨を伝えることになります。もっとも、私がこの電話を使ったときには専用の電話ボックスが固くてなかなか開かず、利用者はあまり多くないものと思われます。

駅前風景

駅を降りると、すぐハイキングコースです。《2005年8月10日撮影》

 駅を降りると、すぐにハイキングコースに入ります。平地部分はまったくありませんが、比叡山山上の喧噪がそれなりに聞こえてくるのは、ケーブル延暦寺駅からほど近いところに位置するためでしょう。

駅から徒歩1分

あちらは立ち入り禁止、こちらは途中が崩れ、という状況。《2005年8月10日撮影》

 私が下車した時は、その前に降った大雨のためにあちこちで地盤が崩れており、とても満足に歩ける状態ではありませんでしたが、コンディションがよい日は、ケーブル延暦寺駅まで歩いていく(あるいはその逆)ことをお勧めします。

駅名の由来

 漢字では「裳立山」と書きます。

歴史

 コメント準備中。

周辺の見どころ

紀貫之墓【未訪】

 駅から徒歩10分。『土左日記』の作者として知られる平安中期の代表歌人、紀貫之の墓があります。ただし、私がもたて山駅で下車した際にはルートの途中が崩落して通行不能となっていました。

(駅周辺には郵便局なし)

2006年9月8日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.