庶民的な商店街のある駅

玉造

たまつくり Tamatsukuri
玉造駅
▲玉造駅《2005年8月7日撮影》

 

対向式ホーム2面2線から成る高架駅で、改札は高架下に1個所設けられています。改札の北側には小規模なショッピングモールが形成されているほか、改札口の脇からも出入りすることができます。

駅の周辺には大規模な商店街が形成されています。玉造という地名はもともと「玉作」で、古代朝廷に仕え玉を作った部民(べのたみ)が住んでいたことに由来します。大正以降は砲兵工廠が立地し、多数の労働者が出入りしたといいますが、空襲によって街路は消滅し、一大商店街として再出発しています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1895年5月28日
開業。
2014年3月18日
「ビエラ玉造」オープン[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. JR西日本・ジェイアール西日本不動産開発プレスリリース「「大阪環状線改造プロジェクト」進行中! JR玉造駅に「ビエラ玉造」が平成26年3月18日(火曜日)オープン!」 (2014年2月18日)。

このページの先頭へ