山手と中華街の中間地帯にある駅

元町

もとまち
Motomachi
元町駅
▲元町駅《2005年3月12日撮影》

神戸の商業地区の中央部に位置している駅です。三ノ宮や神戸と同様、2面4線から成る高架駅ですが、各停のみが停車しています。

出口は2箇所、いずれも高架下に設けられています。東口は、元町の玄関口を意識したものか、アーチと半円を多用した外壁に特徴があり、繁華街への最寄り駅ということもあり、明るい雰囲気です。いっぽう西口は、東口に比べて地味な格好になっていますが、無骨な軒と太い柱が重厚さを帯び、丁寧につくられたことがうかがえます。現在も、レンガ造りの柱がコンコースにそびえており、神戸駅との類似性がうかがえます。

駅の北側には兵庫県庁がありますが、山手方面へのバスに乗る場合は、三ノ宮または神戸から利用するほうが便利。

駅の南側には大きなアーケードを持つ「元町商店街」が形成されており、東側には神戸のデパートとしてシンボル的な存在である大丸神戸店、南側には在神華僑が形成した地元密着型の中華街である南京町があります。さらに南へ進むと、みなと神戸を支えてきた埠頭の再開発によってできたメリケンパークがあり、多くの観光客で賑わっています。

停車列車 [2010年10月現在]

快速が停車します。

乗り場

南側から順に、1番線、2番線…となります。

駅名の由来

確認中。

歴史

電車の運転が開始された際に設置された駅です。

周辺の見どころ

南京町

駅から南へ、徒歩5分。元町商店街の南にある、中国料理店が多数軒を連ねる中華街です。春節祭や中秋祭の際にはさまざまな演し物や料理が提供されます。横浜や長崎の中華街に比べて、観光客よりも地元民への定着・浸透が濃いという印象があります。

【URL】http://www.wck.co.jp/NANKINMACHI/

神戸華僑歴史博物館【未訪】

駅西口から南へ、徒歩7分。神戸に根付いた華僑関連の資料を収集・展示している博物館。神戸華僑の歴史と活動に関する展示が中心。200円、水休。

【URL】http://www16.ocn.ne.jp/~ochm1979/index1.html

旧居留地

駅から南へ、徒歩5分。神戸市-海岸線:旧居留地・大丸前を参照のこと。

メリケンパーク

駅から南へ、徒歩15分。神戸で最初に開港された波止場が造成された公園です。中突堤にはポートタワーがそびえ、その脇には神戸海洋博物館があります。神戸港随一の夜景スポットとしても有名。また、阪神・淡路大震災で被災した当時の状況を、そのまま保存している「震災メモリアルパーク」があります。かつては、港湾部特有の活気といかがわしさが同居していましたが、少なくとも1990年代前半には、すっかりおしゃれな観光地になってしまいました。散策自由。

神戸海洋博物館【未訪】

開港当時から現在にいたるまでの神戸と神戸港に関する展示が充実。無休、無料。

【URL】http://www.kobe-meriken.or.jp/maritime-museum/

相楽園

 駅西口から北へ、徒歩8分。神戸市-山手線:県庁前を参照のこと。

《乗り換え》阪神-本線

▲ このページの先頭へ ▲