大津市の中心街に位置するターミナル

浜大津
はまおおつ
Hamaotsu

浜大津駅

 大津市の中心街に位置する、京阪大津線のターミナルです。石山坂本線と京津線の分岐点ですが、基本的に石山坂本線の電車はこの駅を中間駅として、京津線の電車は終着駅としています。

 島式ホーム1面2線から成り、石山坂本線、京津線の両系統の電車が共用しています。ホームの北側端に階段があり、ここから橋上駅舎に連絡しています。

浜大津駅ホーム

浜大津駅ホーム。《2008年2月8日撮影》

 コンコースはゆったりしており、大津線随一の数を誇る自動改札機がずらりと並んでおり、大津市内におけるターミナルらしい設備といえます。また、コンコースには売店なども入っています。

浜大津駅コンコース

浜大津駅コンコース。《2008年2月8日撮影》

 駅の北西側では、線路は道路上に敷設されています。このうち直進するのは石山坂本線で、こちらはほどなく専用軌道に戻りますが、左に曲がる京津線は、しばらくの間道路上を進みます。

浜大津駅前交差点

浜大津駅前交差点。右上が石山坂本線の坂本方面、左上が京津線の御陵方面です。《2008年2月8日撮影》

 浜大津駅はその名のとおり、琵琶湖の船運と鉄道の結節点として発展した駅で、官庁街のJR大津駅よりもはるかに活気があります。ホテルや商業施設、各方面へ向かう路線バスのターミナルなどが整備されており、大津市の中心地となっています。

乗り場

 島式ホームを石山坂本線および京津線で共有しています。

駅名の由来

 官鉄の駅が設置された当初は「大津」でしたが、1913年6月に従来の馬場駅(現・膳所)を「大津」とすることとなり、これと区別するため、湖岸に面していた従来の大津駅に「浜」を付したものです。

歴史

 浜大津駅は、膳所駅と並び大津市内で最も早く開業した駅で、その歴史は非常に複雑です。JR西日本-東海道本線:膳所とあわせてごらんになることをお勧めします。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

その他

2008年8月7日

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2008 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.