錦駅の情報、写真、印象記(滋賀県:京阪-石山坂本線)

生活感あるシンプルな駅

にしき Nishiki
錦駅
▲錦駅全景《2008年2月8日撮影》

 

錦駅構内踏切
【写真1】錦駅構内踏切。《2008年2月8日撮影》

相対式ホーム2面2線から成る駅です。坂本方面行きホームに接して石山寺方に小さな駅舎があり、駅員が配置されています。石山寺方面行きホームとの間は構内踏切で連絡しています。

駅のすぐ脇を通る道路は線路と鋭角をなしており、踏切の角に立つと、カーブのない錦駅全体が見渡せます。かつては、膳所本町と錦の間に車庫がありましたが、その痕跡は残っていません。

乗り場

番線表示はありません。以下、東側から順に。

  • 石山坂本線 石山寺方面
  • 石山坂本線 びわ湖浜大津、坂本比叡山口方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1913年3月1日
大津電車軌道によって、大津(現・びわ湖浜大津)-膳所(現・膳所本町)が開通した際に設置されました。
1944年8月15日
営業休止。
1959年9月1日
営業再開。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ