土居駅
▲土居駅駅舎《2005年7月18日撮影》

通過線2本を内側に挟んだ、相対式2面2線から成る高架駅です。これまでの高架駅とは異なり、駅舎は高架の東側に設けられており、両ホームから地下道を通って駅舎内の改札へいたる構造になっています。自由通路は設けられていませんが、改札口の守口市寄りに高架下を通る道路があるため、ここで行き来することになります。

駅の周辺は住宅地となっています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

土居の地名は、淀川流域を守護する神社がこの地に置かれ、その際に土居が築かれたことから一帯が「土居の荘」と呼ばれたことに由来します。

歴史

コメント準備中。

周辺の見どころ

守居神社【未訪】

駅から北へ、徒歩4分。「土居」の地名の由来ともなった古社で、明治後期までは「土居神社」でした。

2006年9月14日

▲ このページの先頭へ ▲