深草駅
▲深草駅東側入口《2005年7月18日撮影》

深草駅ホーム

【写真1】深草駅ホーム。《2005年7月18日撮影》

相対式ホーム2面4線から成る地平駅で、駅舎は橋上に設けられています。改札は1個所で、駅の東西へ出口が通じています。以前はこの駅に車両基地が併設されていた名残で、現在も留置線が残っています。

駅の西口には龍谷大学のキャンパスがあり、このためホームにある駅名標の隣には別途「龍谷大学前」の表示がみられます。

駅の東口には琵琶湖疎水が流れており、一帯は住宅地になっています。

 

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

京阪線が開通した際に設けられた駅です。1910年4月15日に開業した当初は「稲荷」と称し、伏見稲荷大社への最寄り駅として位置づけられましたが、同年12月16日には最寄り駅としての位置づけを隣接する稲荷新道駅に譲り、「深草」へ改称されています。

周辺の見どころ

伏見稲荷大社

駅から北東へ、徒歩6分。JR西日本-奈良線:稲荷を参照のこと(未記述)。

2006年9月25日

▲ このページの先頭へ ▲