橋本駅
▲橋本駅淀屋橋方面行き駅舎《2005年7月18日撮影》

橋本駅三条方面行き駅舎

【写真1】橋本駅三条方面行き駅舎。こちらは自動券売機と自動改札機があるだけです。《2005年7月18日撮影》

淀屋橋方面からみると、京都府内の最初の駅にあたるのが橋本です。

相対式ホーム2面2線から成る地平駅です。両ホームは完全に分離されており跨線橋や地下道などはなく、出口も別々に設けられています。このうち、淀屋橋方面行きホームには、小規模ながら2階建ての駅舎があり駅員が配置されていますが、三条方面行きホームには、自動券売機と自動改札があるのみです。

丘陵地帯が淀川に迫っており、傾斜地上にある駅です。このため、小集落の中にあるわずかなスペースを使って、なんとか駅を設けたという感じがあり、駅直近には太い道路などはまったくありません。

橋本一帯は、かつて大阪街道有数の遊郭があった場所として知られており、現在もその名残をとどめる古い町並みがみられます。また、明治初期には、鳥羽伏見の戦いにおいて幕府軍が布陣しており、幕府軍の弾薬庫が駅東側にある西遊寺境内に現存しています(非公開)。

 

乗り場

確認中。

駅名の由来

橋本の地名は、行基が淀川に架けた山崎橋に由来するとされます。

歴史

京阪線が開通した際に設置された駅です。

周辺の見どころ

コメント準備中。

2006年9月18日

▲ このページの先頭へ ▲