門真市駅
▲門真市駅コンコース《2005年7月18日撮影》

通過線2本を内側に挟んだ、相対式2面2線から成る地平駅です。京阪本線の複々線区間は基本的に高架になっていますが、この門真市駅周辺は地平線となっています。

橋上駅舎となっており、改札は南北自由通路に接して設けられています。

南西側に大阪モノレールの門真市駅があり、両駅は連絡通路で結ばれています。また駅の南側にはロータリーがあり、路線バスが発着しています。

駅の北側には松下電器産業の事業場があります。門真は同社の本社所在地であり、西隣の守口市と同様、市を代表する企業です。門真は低湿地として長らく開発が遅れていた地域ですが、同社の進出により一気に都市化が進んだため、人口の集積が非常に高く駅前スペースなども狭小です。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

かつて、現在門真市駅がある位置よりも京橋方にあった「門真」駅を廃止し、これの替わりに新設されました。実態としては、門真市および西三荘の両駅に分割されたようなものとみてよいでしょう。すなわち、単に「市」を付して改称されたわけではありません。

周辺の見どころ

コメント準備中。

《乗り換え》大阪高速鉄道-大阪線

2006年9月15日

▲ このページの先頭へ ▲