香里園駅
▲香里園駅《2005年7月18日撮影》

2面4線から成る駅で、橋上駅舎を備えています。改札口は1個所で駅の東西に出入口があり、それぞれに駅前広場が整備されています。また東口には、商業施設「フレスト」と直結しているほか、各方向へ向かう路線バスが頻繁に発着しています。

香里園駅は寝屋川市にありますが、香里園という地名は枚方市側にあります。

乗り場

確認中。

駅名の由来

開業当初の地名は「郡」(こおり)でしたが、遊園地「郡遊園」をこの地に設置することになった際、阪神の香櫨園にヒントを得て「香里」という字を当てることにして「香里」駅として開業しました。その後、遊園地を枚方に移し、香里駅周辺は住宅地として開発することになりましたが、住宅地の高級感を演出する目的か、「香里園」と改称しています。

歴史

京阪線が開通した際に開業した駅です。開業当初は「香里」と称し、1938年4月1日に「香里園」と改称しました(詳細は上述)。

周辺の見どころ

成田山不動尊(成田山大阪別院明王院)

駅から南東へ、徒歩15分。自動車とドライバーを一体化してお払いをすることで有名なお寺で、大阪における交通安全祈願の顔というべき存在です。住宅地の中にある寺院ですが、自動車での参拝が前提となっているせいか、周辺道路の渋滞が目立ちます。

【URL】http://www.osaka-naritasan.or.jp/

2006年9月17日

▲ このページの先頭へ ▲