京橋駅
▲京橋駅《2005年7月18日撮影》

京橋駅ホーム

【写真1】京橋駅ホーム。《2005年7月18日撮影》

島式ホーム2面4線から成る高架駅です。JR大阪環状線などとの乗換駅で、京阪最大の乗降客数を誇ります。ホームは3階にあり、乗り場全体が駅ビルの中にすっぽり入っています。

京阪からJRおよび地下鉄に乗り換えるには、いったん地上に降りる必要があります。

 

乗り場

確認中。

駅名の由来

駅の移転後(詳細は後述)、既存の国鉄駅に準じて命名されました。

歴史

京阪線が開通した際に設置されましたが、当初は「蒲生」と称し、現在よりも東側に位置していました。専用軌道化されたのちに国鉄城東線(現在の大阪環状線)の東側に移転し、従来の蒲生駅は信号所となっています。戦前における京阪の複々線区間は、この蒲生信号所から守口(現、守口市)まででした。さらに、1949年10月1日には「京橋」と改称されています。1969年11月30日には、国鉄大阪環状線の西側に移転のうえ高架化し、翌1970年11月1日には天満橋から蒲生信号所までの区間が複々線化されています。

なお、現在の京橋駅(旧蒲生駅)以前にも「京橋」駅が存在しましたが、これはほどなく廃止されています。

周辺の見どころ

コメント準備中。

その他

《乗り換え》JR西日本-大阪環状線ほか大阪市-長堀鶴見緑地線

2003年10月13日
2006年9月10日、写真を追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲