守口市駅
▲守口市駅西口付近外観《2005年7月18日撮影》

島式ホーム2面4線から成る高架駅で、急行・準急・区間急行が停車します(朝ラッシュ時など時間帯によって通過)。急行および準急と、各駅停車の間で緩急接続が行われます。

コンコースは2階、ホームは3階にあります。改札は東西2個所に設けられており、東口には京阪百貨店など商業施設が並んでいます。

守口は、三洋電機の本社や松下電器産業の工場などがあり、隣接する門真とともに電機産業の街として知られています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

守口の地名は、当初「まもりぐち」だったのが転じたとされており、室町時代に初出です。起源はおそらく「土居」と同じと思われます。

歴史

京阪線が開通した際に開業した駅です。開業当初は「守口」と称しましたが、1971年6月20日に「守口市」と改称されています。守口市が市制を施行したのは1946年11月1日で、なぜこのタイミングで改称したのか不思議です。

周辺の見どころ

コメント準備中。

2006年9月14日

▲ このページの先頭へ ▲